学校長挨拶

 鵡川高校ホームページにアクセスいただきありがとうございます。  私はこの4月から鵡川高校・校長に着任しました山﨑恒平といいます。どうぞよろしくお願いいたします。関西出身ですので、北海道の赴任先はどこに行っても私にはもう一つのふるさととなります。また新たなふるさとができることと、どんな生徒たちとの出会いがあるのかが大変楽しみです。本校の様子がよくわかるようなホームページづくりを進めてまいりますので、よろしくお願いします。
 本校についてまずは簡単に説明します。
 本校は、昭和27年の開校以来、清流鵡川と太平洋に抱かれた雄大な自然環境の下、校訓”明るく 豊かに たくましく”を掲げ、これまで地域社会に貢献できる人材育成に努め、地域の期待や信頼に応える教育活動を推進してきました。
 平成15年度からは、鵡川地区連携型中高一貫教育を導入し、むかわ町や鵡川中学校との連携の下、学びの連続性を重視したキャリア教育や、豊かな心を育むためのボランティア活動などを地域の御支援をいただきながら進めています。
 さらに昨年度からは、新たに「育成すべき生徒像」の明確化を図りその実現のために、地域を学びの場とした探究的な学習を行う学校設定科目「むかわ学」や、生徒の特性や能力に応じたテーマ別グループ学習を行う学校設定科目「チャレンジスタディ」といった新しい時代に対応した教育活動をスタートさせました。こうした新たな取組とこれまでの個に応じた教育活動を一層充実させることにより、本校の教育活動の質の向上を図り、生徒の自己実現を支援していきたいと考えています。
 そして、鵡川高校と言えば、野球です。センバツで3回の甲子園出場を果たした本道で屈指の野球の名門校であります。一昨年秋季大会及び昨年春季大会で全道大会出場を果たし、名門復活そして再び甲子園に出場することを目標に野球部は日々練習に励んでいます。
 今後とも、生徒が高校生活を通して、自己を磨き高め、自己実現を図るとともに、地域社会に貢献できる人として成長できるよう、教職員一丸となって、情熱を持って全力で教育活動に取り組み、地域に愛される学校づくりに邁進してまいりますので、御支援と御協力をお願いします。
校 長  山 﨑 恒 平
 
校長室から
12345
2019/03/22new

平成30年度修了

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
先ほど修了式が終わりました。この一年間色々ありました。
でも生徒は大きく成長しました。地震にみまわれた後に行われた
12月の体育大会、3月の卒業式、インターンシップ発表会
どれも素晴らしい取組でした。またこの1年全校生徒と面談を
することができましたが、しっかりと話をしてくれました。
鵡川高校に赴任した時は正直大丈夫かなと思うところもあって
不安だったですが、この一年で見違えるほど成長したと
思います。来年度はまたどんな一年になるか楽しみです!

追伸:修了式の校長講話で話題にしたこと
 昨夜のイチロー選手の会見の中から
 1. 熱中できるもの、夢中になれるものにエネルギーを注げることで、
    自分の目の前に立ちはだかる壁に向かっていけるんだ!
 2. 自分の中にあるはかりを使いながら、自分の限界を見ながら、
    ちょっと超えていくことを繰り返していくと、いつの間にか
    こんな自分になっているという状態になる。少しづつの積み重ねで
    今の自分を超えていけるんだ!
 3. 辛いこと、しんどいことから逃げたいと思うのは当然ですが、
    エネルギーのある元気なときにそれに立ち向かっていくことが、
    人として重要なことだ!
 を引用して話しました。

 あんなに流暢にいろんな話をするイチロー選手を見たのは初めてだったので
 昨晩は思わず最後まで起きて見てしまいました。

15:00
2019/03/01

卒業式

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
本日49名の卒業生が、ここ鵡川の地からそれぞれの進路に向かって旅立って行きました。卒業式で毎年思うのですが、(担任の先生には悪いのですが、)卒業生の一番いい顔を一人で見ることができます。
今日の鵡川は春の陽射しが暑いくらいでした。余震の心配がありましたが、なんとか大丈夫でした。その心配を上回るぐらい、今日は本当に良い天気に恵まれました。震災後の卒業式ということもあり、新聞・テレビ局の取材も多い一日となりました。そのこともあってか生徒たちは少し緊張していましたかね。でも昨日の卒業式予行練習も素晴らしかったのですが、本日の一時間半に及ぶ卒業式もさらに素晴らしかったと思います。1人1人が式典をしっかり作るという意識が感じられました。卒業生の皆さん、在校生の皆さん、本当に今日はご苦労さまでした。

15:45
2019/02/25

また・・・

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
21日(木曜日)21時22分頃、関西に住む実家の両親と電話で話していると、ゆさゆさと家が揺さぶられる大きな揺れを感じた。「地震だからいったん電話切るから」と伝え、すぐ必要なものを探した。気持ちにも余裕が感じられ、今回は落ち着いて行動できるかと思っていました。9月6日の時はとにかくメガネを見つけることができず、その後の行動が思うようにいかず、大けがをしてしまうはめにもなっていました。とにかくまずはメガネの確保だ!と思い探しました。でもどこにも見当たりません!どこだ!見つからないと気持ちは焦るばかり。おかしいな。このあたりに置いてあったはずなのに。手探りしてもどこにもありません。電気が復旧してもう一度落ち着いて考えてみると、なんと頭の上にちょこんとメガネをのせているではありませんか。見えなくなってしまうとはこういうことなんですね。目に入ってくる情報が遮断されてしまうと不安が急に大きくなってしまいます。ただそれ以外のものはまとめているのですぐに手に持つことができました。幸いにして学校も住宅も大きな被害はなかったので良かったですが、心のどこかでもう大丈夫だろうという気の緩みがあったかもしれません。大事なものが見えなくならないように気をつけないといけないな・・・
10:47
2019/02/21

応援したい君へ

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
生徒たちとの面談も、いよいよあと最後のクラスの10数名を残すのみとなりました。どんなことに今興味を持っているのか、好きなことは何か、など、たわいもないことを話してもらっていますが、一生懸命いろんな話を聞かせてくれます。その話の中で、こうしたらどう?とか、それからこんなことができたらどうだい?とか、さらに話を進めると興味を持ってくれたり、目を輝かして反応してくれたり、私にとっては昼休みと放課後のひとときは楽しい時間となっています。まあ校長としての特権を使わせてもらっているとでもいうのかな。でもそんな話の中にこれからのヒントになることもたくさんあります。こんなことを生徒たちに経験させることができたらな、取り組ませたいな・・・とか。先日もせっかくむかわにむかわ竜の全身骨格が見つかったのだから、それをヒントに3Dで動かすことができないかなとか、どんな生活をしていたのかなど考えることができたら楽しいよねと言う話で盛り上がりました。彼は一度自分で挑戦しようとしたのですが、むずかしくてできなかったそうです。なんとか手伝ってあげたいですよね。本校にはむかわ学、チャレンジスタディがあるのですから、お金はないけど、気持ちはあるので、誰か手伝ってください!
13:33
2019/02/15

春はそこまで来ている

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
昨日、事務室の窓ガラスに何かが衝突する音がした。何事かと思い外に目をやると、なんと小鳥がたくさんそのあたりを飛び回っているではありませんか!小鳥たちも久しぶりであまりのうれしさに飛び回りすぎたのでしょうか。中には飛び方がぎこちない小鳥もいましたので、たぶんその小鳥がさきほど窓ガラスに衝突したのでしょう。思わず笑いそうになりました。それぐらい日中は風もなく穏やかで暖かく感じられるようになってきました。朝晩はまだまだ鵡川は寒いですが、間違いなく春は近づいてきています。卒業式まであとちょうど2週間です。当日暖かいといいのですが。
14:04
12345