学校長挨拶


まなびザウルス鵡川 for society 5.0

 将来の変化を予測することが困難な時代を前に、生徒たちには、現在と未来に向けて、自らの人生をどのように拓(ひら)いていくことが求められているのでしょうか。また、自らの生涯を生き抜く力を培っていくことが問われる中、新しい時代を生きる生徒たちに、何を準備しなければならないのでしょうか。



これからの社会で求められる力を育み
能力や特性を最大限に伸張させる
新たな学びの充実!

鵡川地区連携型中高一貫教育では、むかわ町や鵡川中学校との連携の下、学びの連続性を重視した教育を、地域社会をキャンパスとしながら進めています。
 特に、地域全体を学びの場とし探究的な学習を行う「むかわ学」や、生徒の特性や能力に応じたテーマ別グループ学習を行う「チャレンジスタディ」といったこれからの時代に対応した教育活動が特徴です。こうした取組とこれまでの個に応じた教育活動とを一層充実させることにより、本校の教育活動の質のより一層の向上を図り、生徒の自己実現を支援していきます。


地域資源の豊富な「むかわ町」で

本校は、昭和27年の開校以来、“人と自然が輝く清流と健康のまち”むかわ町の清流鵡川と太平洋に抱かれた雄大な自然環境やそれらを活かした各種アクティビティ、珍しい野鳥などの動・植物だけでなく、和牛、花、野菜、米、メロン、ししゃもなどの豊富な特産品、そしてハドロサウルス科恐竜「むかわ竜」など歴史、文化、観光などの様々な分野の地域資源に恵まれる中、「 明るく 豊かに たくましく」地域社会に貢献できる人材育成に努め、地域の期待や信頼に応える教育活動を力強く推進していきます。


地域コンソーシアム(素晴らしい地域の方々)とともに

 大きな災害となった北海道胆振東部地震からの復旧から復興へと力強く前進し、恐竜ワールド構想で「まち」を耕(おこ)す、子育てと健康長寿で「ひと」がつながる、夢をかなえる「しごと」で産業を興すという基本戦略のもと地方創生に取り組む地域の皆様とともに、生徒たちに「これからの社会で求められる力」を育んでいきます。

熱意あふれる教職員TEAMが

 センバツで3回の甲子園出場を果たした本道で屈指の野球の名門校です。震災以降は仮説住宅での生活を余儀なくされていましたが、地域の方々の応援・支援を受け練習を再開し、昨年は全道大会出場を果たすことが出来ました。その感謝の気持ちをいつも念頭に置いて、名門復活そして再び甲子園に出場することを目標に日々練習に励んでいます。
 また吹奏楽部は、震災直後に日本管楽合奏コンテストの全国大会出場を果たし、全国に鵡川サウンドを披露することができました。
 今後とも、生徒が高校生活を通して、グローバル化する社会の一員としての基礎的な資質・能力を身に付け、地域社会に貢献できる力を身に付けられるよう、また自己の特性や能力を最大限に伸長させ、主体的にたくましく生き抜くことができるよう、教職員一丸となって、情熱を持って全力で教育活動に取り組み、地域に愛される学校づくりに邁進してまいりますので、御支援と御協力をお願いします。

校長 三 村 素 道

 
 
校長室から
12345
2020/09/16

地域の機関・団体・企業と連携した職業教育「デュアルシステム」

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
 昨日、今年度から本校で本格的な運用を行っていく「デュアルシステム」の第1回ガイダンスを行いました。
「デュアルシステム」というのは耳慣れない言葉かもしれませんが、座学と企業内の実習を平行して実施する職業訓練システムのことです。
 本校では、学校設定科目「チャレンジスタディ」において、グローカルコースの1・2年生全員が参加します。現在の予定では、月に2回程度、3ヶ月程度にわたって、午後の時間帯に各事業所で、それぞれの職務に従事することになります。
 本校の魅力化コンソーシアムに加盟いただいている大人たちの方たちが、地域人材の育成のために本気で取り組んでいただいている事業です。
 デュアルシステムを通して、本校の生徒たちの資質・能力が一層伸長されること、適切な勤労観や職業観が育まれ、地域に貢献できる人材として育っていくことを楽しみにしています。




08:43
2020/09/05

感動しました! 生徒が主役! オープンキャンパス!

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
 本日、昨年より30名多い参加者を迎えてオープンキャンパスを行いました。
 私が4年前に本校で経験した時とは、全く異なるオープンキャンパスです。
 なんと言っても、生徒が主役!
 生徒たちが、物怖じすることなく生き生きとプレゼンテーションする姿、率先して動く姿、来校された方々をもてなす姿には、本当に感動しました!
 そして、プレゼンテーションの内容も素晴らしい!
 鵡川高校で、生徒たちに身に付けさせたい資質・能力が確実に育成されつつあるのを感じました。
 これからも、たくさんの経験を積んで、もっと、もっと大きく成長してくれるのが本当に楽しみです。
 本日、お越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました。
 来年度、多くの生徒たちが笑顔で入学してくれるのを楽しみにしています。

生徒玄関では、日本の竜の神 カムイサウルス・ジャポニクス(通称 むかわ竜)がお迎えします。



会場に続く廊下では、サイネージディスプレーで動画の再生
昨年、野球部 夏・秋の支部大会優勝旗が出迎えです

さらに、3枚の甲子園出場旗も出迎えます

開始前には、吹奏楽部、野球部によるパフォーマンス


生徒による学校紹介プレゼンテーションです






生徒によるポスター・セッションも大好評です



 


模擬授業に参加する中学生たちも楽しそう!
先生たちも負けては、いられません。

部活動体験も生き生きとしていました。



16:03
2020/09/04

鵡川高校魅力化コーディネーターを紹介します

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
本校の魅力化コーディーネーター 大久保一樹氏です。
「地域みらい留学365」に係る様々な業務だけでなく、地域をキャンパスにした学び全般について、地域と学校をつなぐ役割をはたしていただいています。
本日 北海道新聞にて紹介いただきましたので、お知らせします。


11:59
2020/09/01

本校野球部 次期監督に小池氏

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
8月30日(日)本校野球部員及び、その保護者に向けて、竹中町長より発表がなされ、報道各紙にて報道いただきました。どうぞ、ご覧下さい。

8/31 北海道新聞

8/31 苫小牧民報

8/31 スポーツ報知

8/31 道新スポーツ

8/31 日刊スポーツ

8/31 スポーツニッポン

10:47
2020/07/01

「高校魅力化コンソーシアム」の設立に係る報道について

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
本校の「高校魅力化コンソーシアム」の設立につきまして、2紙に報道いただきましたので、お知らせいたします。

6月30日(火) 苫小牧民報

7月1日(水)北海道新聞

09:02
12345